なぜ筋肉痛だけは特別扱いなのか。

皆さん不思議に思いませんか?

他の痛みには否定的なのに、筋肉痛にだけは優しいんですよ巷は。

 

そもそも『痛み』ってなんだろうと。

 

痛覚というくらいだから感覚の一種ですね。

感覚とか感情というのも大きく分けるとポジティブなものとネガティブなものに分かれます。

ポジティブな感覚というのは「喜び」「安心」「心地よい」「希望」「満足」みたいなもの。

逆にネガティブな感覚というのは「悲しみ」「不安」「恐怖」「痛み」など。

ちょっと質が違いますが「怒り」もザックリまとめるとネガティブに含まれるのでしょうか。

 

痛みだけは物理的現象が伴うので別物みたいですけど、実体はないんですよね。

そう感じてるだけという。

だから他の感情とかとあまり変わりません。

 

それぞれのグループ内の感覚はお互いにリンクしあってて、一つ発生すると他の感覚も芋づる式に浮き上がってきます。

痛い→不安→恐怖みたいな感じですね。

 

話を戻しまして『筋肉痛』。

筋肉痛だって痛いんだからネガティブなグループじゃないですか。

なのに筋肉痛だけは「まあしょうがねーな〜」くらいなもんで受け入れられてしまう。

人によっては「喜び」を感じてしまったりもします。

かくいう私も若い頃は筋トレした次の日の筋肉痛はちょっと嬉しかったりしました。

軽い『M』ですね、冷静に考えると。

 

そこでこれはなんでだろうと改めて考えてみました。

なんかずるいぞと。

不公平は是正しなければいけない。

 

 

おそらく筋肉痛の知識がない人にはこの痛みは他の痛みと同じで「苦痛」や「恐怖」なんですよね。

しかし、知識のある人、または体験のある人にはそうでもないのです。

 

まず考えられるのは、この痛みは一過性のものであるという認識。

筋肉痛は普通は2〜3日で治ります。

これを知っていればさほど恐怖は感じません。

ちょっと我慢していれば治るという安心感もあります。

 

もう一つは、運動や肉体労働による筋組織の酷使による結果であるという認識。

原因がわかっているので闇雲な不安からは解放されます。

また、努力の結果でもあるので誇らしくもあります。満足感ですね。

 

そして、この痛みが治まった頃には筋肉が超回復して、よりたくましいマッチョなボディが得られるという『期待感』。

これがとっても大きいのではと私は思いました。

 

同じ「痛み」であっても捉え方によってはポジティブな感覚になってしまうという、

人間はなんて都合のいい動物なんでしょう。

結局は本人の捉え方次第ってことですね。

 

ネガティブをポジティブに切り替える。

 

これ大事ですよね。

来年はこれでいきましょう。

 

本年もこのゆるいブログを読んでいただきましてありがとうございました。

たまに『読んでますよ〜』なんて声を聞くととても嬉しいです。

来年も一部のマニアに向けて発信していきたいと思っています。

よろしかったら生暖かいコメントなどもお待ちしております。

 

では皆様良いお年をお迎えください。

 

 

 

0 コメント

年末年始のお知らせ

年末年始の予定をお知らせいたします。

 

年内は12/30(水)AMまで開院いたします。

新年は1/5(火)より開院いたします。

 

大掃除や忘年会など年の瀬ギリギリまで頑張ってくれてるからだにご褒美を〜〜

まだ若干空きがありますのでお電話下さい。

0 コメント

抱き癖をつける

最近はありがたいことに産後のメンテナンスの患者さんも増えてきまして、

うちの子たちの赤ちゃんだった頃を思い出します。

 

長女が生まれた時にはひねくれ者の私は『抱き癖をつける!』と公言し、

隙があれば抱っこばかりしていました。

だってこんなチャンスは人生にそうそうないですから、

逃したらもったいないじゃないですか。

おかげさまでしっかり抱き癖もつき、結構な重量になるまでよじ登ってくれてました。

 

その勲章というか代償というか腰痛もいただきまして、

世の母上たちのご苦労を身を以て知らさせていただきました。

 

この時に初めて腰から足にかけてスゥ〜〜っと冷たくなる感覚とか体験しました。

症状的に見るとおそらくヘルニア寸前だったのではないでしょうかね。

貴重な勉強です。

これ以降、調子が悪い時に腰にくることが稀にありますが、

これはこれでいい思い出です。

 

そして職場に仲間のいない一人整体院の院長は

自分で腰痛を治す技に磨きがかかりました。

子供のおかげです、ありがたやありがたや。

 

ですので、抱き癖チャレンジは決してオススメするものではありません。

自信のある方のみどうぞ。

 

でも私には、もっと抱っこしておけばよかったという後悔は1ミリもないです。

お腹いっぱい。

 

 

0 コメント

便秘の時には腹筋を緩めよう

みなさん、お通じは順調ですか?

最近は腸内環境の重要性が言われるようになりました。

つまり便秘は美容と健康の敵ということです。


便秘のあなた!

ちょっと仰向けに寝て、おへその横辺りを指先で押してみてください。

どうですか?痛いでしょ?

腹筋がカチカチになっている証拠です。


腹筋は硬い方が良いと誤解されている方がよくいらっしゃいますが、

そんなことはありません。

力を入れていない時はぷよぷよなのが正しいのです。


当院では操体法を用いて、カチカチの腹筋をプニョプニョにしますが、

その時間ほんの1〜2分。

みなさんびっくりされるのが楽しいです。

これによって、まず『凝り固まった筋肉はそう簡単にゆるまない』という洗脳を解いてあげます。

論より証拠ですからね、体験してしまったら信じないわけにはいきません。

実はこれがかなり施術において重要だったりします。


話が逸れましたが、腹筋を緩めていると腸が動き出します。

ゴロゴロと音を立て始めます。

敏感な方だともうこの時点でお花摘みへ〜〜。

そうでない方も「帰ってからたっぷり出ました〜」なんてお話はよく聞きます。


緩める方法はなんでもいいのですが、

便秘の方はとにかく腹筋を常に柔らかく保ってください。


緩め方がわからんという方には裏技お教えしましょう。

腹筋の筋トレやってください。

それも次の日筋肉痛でのたうちまわるくらいがっつりと。

これ、かなりの確率で下痢します。

一部では都市伝説にも。


逆に常に下痢気味という方にも腹筋運動は効果ありますよ。

これは即効性はないですが、続けているとお腹の調子が安定してきます。



辛いのも痛いのもやだ〜という方は土屋整体院へぜひどうぞ。

スッタフ一同お待ちしております。





0 コメント