ストレッチをすればするほど硬くなる

キックボクシングのジムに通われている女性の方

入門したてよりも今の方が硬くなっている気がするとの事。

 

ストレッチ頑張っているのに~とお悩みでした。

これはもう典型的なストレッチ失敗例で、

やみくもにストレッチを続けて

筋繊維や関節の組織細胞を損傷しまくってしまい、

どんどん硬くしてしまっている状態です。

 

そもそも、可動域を広げるためのストレッチングという行為そのものが

体の組織をを壊す行為だという認識がない方が多いですね~。

 

ストレッチも筋トレと同じように休息期間を取らないと

損傷部が回復できません。

疲労だけでなく組織の損傷がある分、

ストレッチは筋トレよりも回復に時間がかかるのかもしれません。

 

こんな方にはもう操体法。

 

操体法は硬くなった筋肉を伸ばすのではなく緩めます。

物理的に引っ張って伸ばすのではなく、

神経反射と生理的作用を利用して緩めるのですよ~。

だから強い力も大きな動きもいらないのです。

 

そんなこんなで全身に一通りの操体法を行い、

頭蓋骨ゆるめて脳脊髄液の循環を回復させてあげると、

本来の柔軟度が回復して

とても喜んでいただけました。

 

これからもキックボクシング頑張ってください。

 

しかしストレッチは頑張りすぎないように

お気をつけください。